Yohko Mayumiの“しゃんばら通信”

『しゃんばら通信』では 瞑想法やエネルギーワークの紹介 夢見のビジョンやトトタロットでのリーディング オススメの本の紹介や解説 天使や精霊たちとの関わりなど 日々の魔法やミラクルをシェアしてゆきます。 記事のシェアや 瞑想法やワークのシェアは ご自由にしていただいています。

【空海が最澄に貸さなかった『理趣釈経』】

空海最澄に貸さなかった『理趣釈経』】

 

f:id:yoomayu:20201019195058j:image


『理趣釈経』という経典を

最澄空海に貸して欲しいと頼んだそうですが

口伝やエネルギーで伝えるものなので

読むだけでは誤解を生じると

貸し出さなかったそうです。

これがきっかけで

最澄の愛弟子が空海のところへ行ったきり戻らなかったことも重なり

最澄空海は仲違いをしたという

問題の経典は次のようなものだということを

あらためて知りました。

 


☆☆☆☆☆☆☆

 


理趣経』(りしゅきょう)、正式名称『般若波羅蜜多理趣百五十頌』(はんにゃはらみったりしゅひゃくごじゅうじゅ、梵: Prajñāpāramitā-naya-śatapañcaśatikā, プラジュニャーパーラミター・ナヤ・シャタパンチャシャティカー)は、『金剛頂経』十八会の内の第六会にあたる『理趣広経』の略本に相当する密教経典である。主に真言宗各派で読誦される常用経典である。

 


『理趣釈経』

 


特に最初の部分である大楽(たいらく)の法門においては、「十七清浄句」といわれる17の句偈が説かれている。初句:「妙適清浄の句」の句とは文章の句のことではなく、ごく軽く事というほどの意味である。また、初句は総論で、四の四倍の十六の各論に総論を一つ足して十七句となっている。

 


妙適淸淨句是菩薩位 - 男女交合の妙なる恍惚は、清浄なる菩薩の境地である
慾箭淸淨句是菩薩位 - 欲望が矢の飛ぶように速く激しく働くのも、清浄なる菩薩の境地である
觸淸淨句是菩薩位 - 男女の触れ合いも、清浄なる菩薩の境地である
愛縛淸淨句是菩薩位 - 異性を愛し、かたく抱き合うのも、清浄なる菩薩の境地である
一切自在主淸淨句是菩薩位 - 男女が抱き合って満足し、すべてに自由、すべての主、天にも登るような心持ちになるのも、清浄なる菩薩の境地である
見淸淨句是菩薩位 - 欲心を持って異性を見ることも、清浄なる菩薩の境地である
適悅淸淨句是菩薩位 - 男女交合して、悦なる快感を味わうことも、清浄なる菩薩の境地である
愛淸淨句是菩薩位 - 男女の愛も、清浄なる菩薩の境地である
慢淸淨句是菩薩位 - 自慢する心も、清浄なる菩薩の境地である
莊嚴淸淨句是菩薩位 - ものを飾って喜ぶのも、清浄なる菩薩の境地である
意滋澤淸淨句是菩薩位 - 思うにまかせて、心が喜ぶことも、清浄なる菩薩の境地である
光明淸淨句是菩薩位 - 満ち足りて、心が輝くことも、清浄なる菩薩の境地である
身樂淸淨句是菩薩位 - 身体の楽も、清浄なる菩薩の境地である
色淸淨句是菩薩位 - 目の当たりにする色も、清浄なる菩薩の境地である
聲淸淨句是菩薩位 - 耳にするもの音も、清浄なる菩薩の境地である
香淸淨句是菩薩位 - この世の香りも、清浄なる菩薩の境地である
味淸淨句是菩薩位 - 口にする味も、清浄なる菩薩の境地である
このように、十七清浄句では男女の性行為や人間の行為を大胆に肯定している。

 


Wikipediaより抜粋〉

 


☆☆☆☆☆☆☆

 


仏教については散々とらわれた記憶から

苦手な感覚があり今生では何も学んでいないので

これを読んだだけではどのような経典なのかわからないのですが

空海とのシンクロは真名井御前もからんで多々あります。

室戸岬御厨人窟の金星の神秘体験が

空海を唐へ向かわせるきっかけとなったそうです。

官僚になるための大学を中退し唐行きの費用を実家の父親に頼んで出してもらいます。

唐では恵果が空海が来るのを何年も待ち望んでおられたそうです。

真言密教のすべてを口伝すると

恵果は息を引きとったそうです。

その後すぐに空海は20年の留学期間を2年で切り上げて帰国します。

勝手な期間の切り上げのため京都へ戻るのを禁じられた空海

太宰府で足止めされますが

京都へもどり布教するために政府へ真言密教の素晴らしさを伝える手紙を何度も書きます。

それが最澄の目に止まりました。

そこで最澄空海に弟子入りし交流を深めますが

『理趣釈経』を貸さなかったことで仲違いをしました。

運命とか使命とか生きる意味とかというものに

囚われる必要はないけれど

こういった話を聞くと

人には星との約束があるのだなあと

つくづく感じます。

空海は今も高野山で生きながら

宇宙が消えるその日まで

みんなの幸せを願いつづけているそうです。

こんな幸せ満腹なことはありません。

清浄なる菩薩の境地です。

加太から高野山までは2時間半ほどです。

雪が降る前に訪れてみようと思います。

 


今日も菰野長岡温泉アクアイグニスで

ゆったりとお湯に浸かりました。

石垣の鴨南蛮のつけ蕎麦は最高でした。

 

f:id:yoomayu:20201019195126j:image
f:id:yoomayu:20201019195123j:image


雨上がりの空と

蒼い山にかかる霞が美しくて

涙がでました。

 

f:id:yoomayu:20201019195151j:image
f:id:yoomayu:20201019195153j:image


陽子

 

 

 

まゆみ ようこ Yohko Mayumi

看護師・三児の母・瞑想家・画家

宇宙講座

神聖幾何学講座

イシスの性魔術講座

エネルギーセックス講習会などの講座や

イヤーコーニング

タロットビジョンアートなどの

ヒーリングセッションをやっています

絵本『海の子ポーのいのちのうた』制作

癒しと目に見えない世界のことを伝える

“おひさま魔女”

会員制有料Blog『しゃんばら通信』

http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/about

YouTube《シャンバラTV》

https://www.youtube.com/channel/UCJasYNZHSSbjCA1vvOYodcA